安全安心map

犯罪が起きた場所、その内容をマップで確認!
安全安心mapは、県警本部や市区町村から配信された情報+ユーザーからの投稿情報を
収集・共有・記録します。

スマートフォンアプリのススメ

使い方ナビ> 安全安心mapの使い方

安全安心mapは、androidやiPhoneといったスマートフォンのアプリでも使う事が出来ます。安全安心mapアプリの使い方をはじめて使う場面から、新機能である新着情報を取得設定する機能など安全安心mapアプリの全機能を紹介。全体を知りたい場合は、はじめから順に見るのも良いですし、ピンポイントに知りたい場合は、関心のある項目から見るのもよいでしょう。WEBサイトの安全安心mapにはないおもな機能は、「新着情報が通知されるようにする」機能です。



はじめての安全安心mapアプリ

【新規登録画面】
安全安心mapを初めての方は、新規登録をこの画面で行います。

【ログイン画面】
最初に起動すると表示されます。

安全安心mapを起動すると、右の様な「ログイン画面」が表示されます。初めてご利用になるユーザーの方は、新規登録が必要になります。新規登録ボタンを押すと新規登録画面に切り替わります。

「新規登録画面」では、ユーザー名、パスワード、メールアドレスが必要になります。ユーザー名は、英数6文字以上16文字以下のものを登録して下さい。パスワードも同様です。メールアドレスは、登録時に確認メールが送信されます。入力できましたら、登録ボタンを押して下さい。既に存在するユーザー名である場合や文字数が足りない場合などは、アラートが表示されます。

登録が受け付けられた場合は、入力されたメールアドレスに確認のメールが送信されます。メールを確認し、ユーザー登録を済ませてください。


安全安心mapにログイン

【ログイン画面】
最初に起動すると表示されます。

【パスワード再発行画面】
安全安心mapを初めての方は、新規登録をこの画面で行います。

ログイン画面が表示された際は、ユーザー名、パスワードを入力してログインして下さい。ログインされると、メインマップ画面に移動します。

新規登録時に送信された確認メールをご確認いただいていない場合は、アラートが表示されます。メールを確認していただいた後に、再実行ボタンを押して下さい。

バックグランドで安全安心mapが動いている間(ホームボタンを二度押しすると画面下部にあらたに表示されるアプリに安全安心mapが含まれる場合)は、安全安心mapを再度起動した際、前回使っていた状態から始める事が出来ます。

パスワードを忘れられた場合には、パスワードの再発行が可能です。ログイン画面からパスワード再発行ボタンを押し、パスワード再発行を行って下さい。

登録されているユーザー名、メールアドレスを入力してください。登録のメールアドレスに仮パスワードをメールでご案内致します。仮パスワードでログイン後は、セキュリティを考慮され、設定画面からパスワード変更されることをおすすめします。


地図上から情報を。メインマップ画面

【メインマップ画面】
地図上に情報がある地点にピンマークが表示されます。右上の矢印ボタンで現在地に地図を移動できます。

地図を移動したり、縮尺を変更するたびに情報が呼び出され、地図上にピンマークで表示されます。右上の矢印ボタンで現在地に地図を移動できます。左上の回転矢印のボタンで情報をリロードします。

地図上に表示される情報の種類は、大きく2種類あり、犯罪や事件に関する安全情報と放射線量の測定値の情報です。

安全情報は、痴漢(茶色)、露出(緑色)、不審者(黄緑)、盗難(水色)、強盗(青色)、交通事故(紫色)、動物(黄色)、その他(橙色)に分けられており、県警や市役所などからの情報は丸いピン、ユーザーからの投稿情報は六角形のピンで表示されています。

放射線情報は、黄色と黒のマークで表され、文部科学省発表の測定値は、丸印。ユーザーからの測定値の投稿は、三角印です。

それぞれピンマークを押すと事件情報の詳細が表示されます。

また、メイン画面からは次の画面に移動するタブボタンが画面下部に配置されています。 ・リスト画面(地図上にある情報をリスト表示します)
・投稿画面(情報を投稿できます)
・設定画面(各種設定の確認、変更)
・インフォメーション(バージョン情報)


情報を詳しく見てみる

【詳細画面】
地図上の情報を押すと表示されます。リスト画面から情報が選択された時も表示されます。

【SNS投稿】
安全情報、放射線情報ともにFacebookやtwitterに投稿できます。

地図上に表示されたピンマークを押した場合に、その地点の情報が表示されます。安全情報では、カテゴリ、日付、内容が表示されます。放射線情報では、測定値、測定日、コメントが表示されます。リスト画面から情報が選択された場合も同様に詳細情報が表示されます。

水色の「t」のマークのボタンを押すと、SNS投稿ができます。

SNS投稿画面にはすでに事件情報がコメント欄に書き込まれた状態で表示されます。コメント欄右下に表示される入力可能な残り文字数を参考にしていただき、コメントを追加することも可能です。

Facebook、twitterともに事前に認証を済ませておく必要があります。「設定画面」からFacebook、twitterそれぞれのボタンを押し、認証を済ませてからご利用ください。


リスト表示で情報を見る

【リスト画面】
地図上に表示されている情報をリスト形式で見る事ができる。

地図上に表示されている情報をリストで表示することができます。

地図上での表示とは違い、事件内容の冒頭部分を少し見る事ができるので情報の内容面をきっかけとして情報にアクセスできます。

見たい情報のセルを押すとメインマップ画面に移動し、中心地点に情報のピンマークがくるような形で詳細情報が表示されます。


投稿してみよう

【地点登録画面】
事件の場所、または放射線量の測定した場所を登録する画面。

【カテゴリ選択画面】
安全情報のカテゴリ、または放射線情報か。何について投稿するのか選ぶ

【投稿画面】
安全情報あるいは放射線情報の選択により、入力画面が少し違うが基本は同じ。

場所を選ぶ → カテゴリを選ぶ → 投稿内容記載し投稿
という流れになります。

地点登録では、地図を動かし、真ん中にある照準に登録したい場所を合わせましょう。縮尺も変更しても大丈夫です。うまく位置が定まったら、登録ボタンを押しましょう。カテゴリ選択画面に移動します。

カテゴリ選択画面では、投稿する内容に合わせてジャンルを選んで下さい。安全情報は、痴漢、露出、不審者、盗難、強盗、交通事故、動物の7種類。放射線情報は、1種類。合わせて8種類の中から選んで下さい。決定ボタンを押すと情報投稿画面に移動します。

情報投稿画面では、情報の日時を選択し、コメント欄に情報を書き込んで下さい。SNS投稿も可能です。ただし、Facebookもtwitterも事前の認証が必要です。「設定画面」のFacebook、twitterのから認証を済ませておいて下さい。投稿ボタンを押すことで東欧できます。


地図上のピンマークを表示させたり消したり

【設定画面(上)】
情報の表示.非表示の設定、期間選択などを行う。

表示設定では、安全情報の表示、非表示と放射線状法の表示、非表示の設定を行う事が出来ます。Onが表示、Offが非表示です。

実は、安全情報、放射線情報の詳細設定の各画面で、安全情報の公開情報、投稿情報の表示、非表示の設定も可能です。

詳細設定
On
詳細設定
Off
設定
On
OnOff
設定
Off
OffOff

上記、表の通り、設定画面でも詳細設定画面でもONになっている場合のみ情報が表示されます。


安全情報と放射線情報を個別に期間や表示・非表示を設定する

【放射線情報 詳細画面】
放射線情報の表示設定、期間設定ができる。

【安全情報 詳細画面】
安全情報の表示設定、期間設定できる。

安全情報を表示するか否かをここで設定することが出来ます。ただし、設定画面にある表示設定で安全情報の表示がOff(非表示)になっていた場合には、こちらの詳細情報の表示設定をOn(表示)にしていても反映されません。放射線情報に関しても同様です。

期間設定も可能です。閲覧している日を基準として、安全情報では、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年の間に登録された情報を表示。放射線情報でも同様に、1日、1週間、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年の区切りで設定する事が可能です。


新着情報が通知されるようにする

【設定画面(中)】
設定画面の真ん中あたりに新着情報の設定項目があります。

【都道府県選択画面】
都道府県の選択を行う。

【市区町村登録画面】
新着情報がほしい市区町村を選びます。

”新着配信を許可しない”
と表示されている場合は、そのセルを押すことにより”新着配信を許可する”に変更することができます。この状態にすることで、新着情報が配信されるようになります。

”通知する地域を追加”→"都道府県選択"→"市区町村の登録"の流れ
通知を受け取りたい市区町村をひとつもしくはそれ以上を追加することが必要です。”通知する地域を追加”を押すことで、都道府県の選択画面へ。都道府県を選択すると市区町村選択画面に遷移します。その画面で、新着情報が欲しい市区町村をOnの状態にして下さい。

【通知地域削除画面】
新着情報を取得する地域に指定してある市区町村を取り消します。


”通知する地域を削除”
新着情報が欲しいとして登録した市区町村に変更が必要になった場合、通知する地域を削除画面から、対象の市区町村を登録からはずすことが出来ます。通知する地域を削除画面では、すでに登録されている市区町村が表示されています。登録から外したい市区町村を選んでセルを押して下さい。その市区町村を登録からはずすことができます


あらかじめtwitterとFacebookの認証を済ませておこう

【設定画面(中)】
twitter、Facebookそれぞれ押すことにより認証画面に移ります。

twitter、Facebookのそれぞれのセルを押すことにより、各サービスの認証画面に遷移します。認証が成功すれば、twitter、Facebookのそれぞれの表示の下部にユーザー名(ユーザーID)が表示されます。

twitter、Facebookのそれぞれに投稿できるのはシーンが2つあります。ひとつは、安全安心mapに情報を投稿する際(犯罪や事件などの安全情報、放射線量の測定値に関する放射線状法どちらも可)に、同時にSNSに投稿する事ができます。もうひとつは、すでに地図上に表示されている情報をtwitter、Facebookに投稿することができます。

安全安心mapに情報を投稿する際に同時にSNSに投稿するには、情報投稿時、投稿ボタンを押す前に、twitterあるいはFacebookのボタンをOn(カラーの状態)にしてから登録してください。

すでに地図上に表示されている情報をSNSに投稿するには、地図上のピンマークをおして情報詳細の画面が出ている状態で水色の「t」ボタンをおすことでSNS投稿画面が表示されます。そこから、投稿ボタンを押す前に、twitterおよびFacebookボタンをOnの状態にして投稿ボタンをおすことでそれぞれのSNSに投稿する事が出来ます。


メールアドレスの変更

【メールアドレス設定画面】
新しいメールアドレスを登録することができる。

【設定画面(下)】
メールアドレスを押すことでメールアドレス変更画面に遷移する。

メールアドレスの項目には、すでに登録されているメールアドレスが表示されていますので、現在の登録メールアドレスを確認する事が出来ます。このメールアドレスから変更したい場合は、メールアドレスのセルを押すことにより、メールアドレスの登録画面に移ります。

メールアドレス登録画面では、新たに登録したいメールアドレスを入力し、登録ボタンを押して下さい。それまで登録されていたメールアドレスは削除され、あらたなメールアドレスが登録されます。

設定画面に戻ると、メールアドレスの欄に新しいメールアドレスを確認する事が出来ます。


パスワード再設定

【設定画面(下)】
パスワード再設定画面を呼び出せます。

【パスワード再設定画面】
新しいパスワードを入力し、パスワードを変更します。

設定画面のパスワード再設定から、パスワード再設定画面でパスワードの設定変更が行えます。今まで使用していた旧パスワードとこれから利用したいパスワードを2回入力し、登録ボタンを押して下さい。


アカウント削除

【設定画面(下)】
アカウントの削除が行えます。

最下段にあるアカウント削除を行うと、アカウントが削除されます。同じユーザー名を使っての登録が出来ないので削除の必要がある場合のみご利用ください。


インフォメーション

【インフォメーション】
バージョンの確認等が行えます。

現在ご利用のバージョンを確認できます。

安全安心mapのtwitterアカウントのフォローへのリンクもあります。是非、フォローをお願いします。